健康にいい食べ物は、確実に肌に効く

健康にいい食べ物は、確実に肌に効くスキンケア

食べ物で肌を土台から変える!

 

いくら高級な化粧品を使っても、外側からのスキンケアだけでは限界があります。

 

肌そのものの弾力やハリを保つには、からだの内部の「肌をつくる」栄養成分が必一要だからです。

食事やサプリメントによる栄養補給が欠かせません

 

肌を始め、人のからだはたんばく質でできています。

そのたんばく質は10種類のアーミノ酸の組み合わせでできているのですが、そのうち9種類は体内で合成できない必須アミノ酸です。

これらは毎日の食事からとる必要があります

 

たんばく質は、おもに肉、魚、卵、乳製品、穀類や大豆製品などに含まれています。

ですから、食事制限をするようなダイエットをしている人や、野菜しか食べないような偏食気味の人は、たんぱく質不足になりがち。

肌を内側からケアすることができま新陳代謝が活発になるビタミン、ミネラルまた、肌は細胞が新陳代謝することで、日々生まれ変わっています。

この新陳代謝一を助けているのがビタミンやミネラルといった栄養素。

これらが足りなくなると、新陳代謝がとどこおり、みずみずしさが失われていきます

ビタミン、ミネラルは緑黄色野菜や海藻類に豊富に含まれているので、積極的にとりましょう。

ただ、現代の食べ物は、流通や管理、土壌の問題もあり、昔のものに比一べると栄養価が低くなっています。

食事だけでなく、サプリメントなどを取り入れて、栄養素の充実をはかる必要があります

 

肌に理想的な食事のとり方

何より大事なのは、パランスよく栄養をとること。忙しくて朝や昼にきちんとした肌であなたの印象はガラリと変わる!

食事がとれないと心配する人もいるかと思いますが、1日の食事のなかで、さまざまな食材をバランスよくとっていれば大丈夫。

 

また、排出されやすいビタミン、ミネラルなど、「肌に効く」栄養素は、サプリメントを活用すれば0K。

食生活を改善するだけでも肌の状態はアップしていきます。

 

規則正しい食生活、バランスのとれた食事は、からだそのものを健康にしてくれます。

肌はもちろん、髪にッヤが出て、疲れが取れ、やる気も出てきます。

高価な化粧品だけに頼るより、よほど肌にも人生にもプラスになるのです

 

肌はたんぱく質でつくられる

肉、魚、卵、乳製品……なんとなく高カロリーでダイエットの敵! と思い、さはけてしまう女性も多いでしょう。

でも、それらの食品に多く含まれるたんぱく質は、筋肉や骨、肌、血管などをつくる主要成分。

弾力のある肌をつくるコラーゲンもたんばく質のひとつです。さらに、女性のからだを司る女性ホルモンの材料もたんぱく質なのです

 

たんぱく質が不足すると、肌に影響が出ますから、前述した肉、魚、卵、乳製品などをきちんと1日の食事のなかでとるようにしましょう。

 

また、大豆も良質なたんぱく質が豊富に含まれている食品として有名です。大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをするため、女性ホルモン不足を補う効果もあります。

納豆や豆腐などは低カロリーで女性にとってうれしい食材です。

サブリメントとしてプロテイン(たんぱく質) のバウダーを牛乳などに溶かして、毎日飲むことを習慣にしてもいいでしょう。

大豆プロテインなら、カロリーをおさえながらたんばく質不足を補うことができます。

 

たんぱく質をとっていないからだは貧弱で、肌はもちろん、髪の毛のツヤも失われ、爪ももろくなります。

できれば、1食に1品、たんばく質を含む食材をとるようにしてください。

年齢を重ねていくと、あっさりしたものを好む人が増えますが、とくに閉経後など女性ホルモンが減少しているときは、たっぷりと栄養をとることが必要です

緑黄色野菜の「すごい力」

たんぱく質とともに欠かせないのが緑黄色野菜です。

にんじん、トマト、かぼちゃピーマン、小松菜、ほうれん草、ブロッコリー…色とりどりの野菜をたっぷりとってください。

緑黄色野菜には、ビタミンA、B、C、Eが豊富。

これらは体内の老化の原因となる活性酸素を取り除く働きがあり、肌を老化から守ってくれます。それぞ。UIrC州ビタミンA…… 食品に含まれている成分名は「カロテン」ですが、体内でビタミンAに変換されます。

肌、粘膜をなめらかに、丈夫にする栄養素。乾燥や肌荒れから肌を守ります。

ビタミンB群:…

緑黄色野菜にはビタミンB、B、Bなどが豊富。食べたものを栄養やエネルギーに変換する、代謝に欠かせないビタミン。なかでもビタミン&は健康な肌をつくるために欠かせない栄養素です

ビタミンC………

シミのもととなるメラニン色素の生成、沈着をおさえる働きがあります。

肌のハリをつくるコラーゲンの生成や免疫力にも深いかかわりがあります。

また、有害物質を排出する効果もあります。

水溶性なので、多くとっても尿で出てしまい、からだに蓄積できません。

こまめにとり続ける必要があります

 

:毛細血管の流れをよくして、新陳代謝の働きを助けます。

冷えも防ぐ効果が。また、女性ホルモンのバランスを整える働きもあります。

ビタミンE…

緑黄色野菜はサプリメントやジュースでもとることができます。

おすすめなのは青汁。

ケールというキャベツの原種からできていて、ビタミンA、B、Cが豊富なだけでなく、ミネラルやカルシウム、鉄分など、女性に不足しがちなそのほかの栄養素も豊富に含んでいます。

ジュースで飲むのが苦手だったら、スープにまぜたりするのもいいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました